menu

  • 鈴鹿大学
  • 『プレイ・スカルプチャー(こどものあそびを誘発する彫刻空間)』の制作 -Episode 1-

『プレイ・スカルプチャー(こどものあそびを誘発する彫刻空間)』の制作 -Episode 1-

2020年11月17日

幼児教育学専攻では、4年生の「保育表現技術演習Ⅲ(こどもの文化)」、


3年生の「保育表現技術演習Ⅱ(造形)」、「ゼミナールⅠ・Ⅱ」の講義を中心に、


今まで取り組んできた造形活動での学び(表現力、想像力、感性、技術)の集大成として、


こどもたちの発達やあそびを引き出すための『プレイ・スカルプチャー(こどものあそびを誘発する彫刻空間)』の制作が始まりました。


 

この『プレイ・スカルプチャー』が、単なる目新しい“遊具”にとどまることなく、


こどもたちが自らあそびを発見し多様化させていく“社交場”へと役割を昇華していけるよう、


本学生たちは、あそび環境への洞察やあそび空間の効用を研究しながら、


着想~ディスカッション~デザイン~材料の調達~実制作~設置~活用、といったプロセスをグループワークにて実践していきます。


 

みなさんには、この様子を定期的に報告していこうと考えています。まずは -Episode 1- として、


材料(石)がI棟の横に並べられた姿、手探りでアイディアを出し合う姿、作業場の整備や道具を扱ってみる姿、などを画像でお楽しみください。


なお、陣中見舞い大歓迎、です!


 

  • SNSでシェアする
  • SNSでシェアする

page_top

site index