menu

  • 鈴鹿大学
  • 基礎ゼミナールで理学療法士の先生の講義と実技を体験。

基礎ゼミナールで理学療法士の先生の講義と実技を体験。

2020年12月10日

令和2年11月25日(水)、12月2日(水)の両日、


養護教育学専攻1年生と2年生の学生たちが、基礎ゼミナールの時間に、理学療法士の先生をお迎えし


「学校現場における姿勢について考える」と題した講義と実技を受けました。


腰痛や肩こりの原因が姿勢から来ている事や、正しい姿勢と痛みの原因などを詳しく学びました。


また、腰痛や肩こりを改善する簡単な体操の実技を行い、すでに腰痛や肩こりのある学生たちは積極的に参加していました。


将来に向けての健康管理に対する意識や、学校現場での子どもの姿勢に対する指導の必要性など、多くの学びを得る貴重な体験となりました

  • SNSでシェアする
  • SNSでシェアする

page_top

site index