menu

  • 鈴鹿大学
  • 「性の多様性」を学ぶ養護教育学専攻(12/18)

「性の多様性」を学ぶ養護教育学専攻(12/18)

2020年12月24日

養護教諭を目指す2年生は、新カリキュラム科目「特別支援教育演習」で学校現場にいる多様なこどもたちの対応を学びます。


12月の2回は「性の多様性」。


 

法制度の変遷、LGB(性的指向)とT(性自認)との違い、SOGI(ソジ)の意味を学び、教育委員会や啓発団体が作成する教材、


関連単行本や絵本、映画・DVD、最新動向(研究会、シンポジウム)も紹介。


事例(アウティング(秘密の暴露)、小学生への言葉がけ)を通じて、適切な対応を検討しあいました。


「自分の性に違和感を持つ子どもは少なくないと知りました」「性同一性障害と同性愛の違いが明確に理解した」


「外部専門機関につなげる大切さが分かりました」などの感想でした。

  • SNSでシェアする
  • SNSでシェアする

page_top

site index