menu

  • 鈴鹿大学
  • 養護教諭を目指す男子学生を応援します その3「養護実習」

養護教諭を目指す男子学生を応援します その3「養護実習」

2021年02月02日

【養護実習の経験から】

川又――養護実習の経験で得たことなど伝えてもらえますか?


 

Cさん――小学生がとても可愛く感じました。


     親戚もいるし、塾で児童生徒に教える経験もあるので慣れていると思っていたけど、


     小学校の保健室での経験は、他とは違うものだと思う。でも、授業で学んだことを現場でいろいろ試せるし、


     保健だよりを実際に作って配布するなど、現場ならではの体験ができたのがよかった。


     実習前に心配なこともいろいろあったけど、わからないことや不安なところは、


     納得できるまで聞いて不安を解消したよ。養護教育学専攻の先生は皆、優しくて質問しやすいし、


     すごく丁寧に教えてくださるのがいいところだね。


 

Dさん――自分も小学校の養護実習はあっという間に終わったと感じた。


     指導してくださった養護教諭の先生には、本当に細かいところまで教えていただいた。


     学生同士で事前に保健指導の練習もしたけど、実際に小学生にしたときは、言葉遣いなども、


     注意しなければいけないことなど多くを学んだよ。


【養護実習の経験談を聞く】

 

Aさん――実習が楽しみになりますね。


 

Bさん――私はいま、教育アシスタントに行っていて、実習前に学校現場に少しでも慣れようとしていますが、


     養護実習はアッという間とうかがったので、準備をしっかりしたいと思います。


 

Cさん――二人とも頑張ってね。


 

・・つづく。

  • SNSでシェアする
  • SNSでシェアする

page_top

site index