menu

  • 鈴鹿大学
  • 第18回四日市大学留学生日本語弁論大会にて留学生2年生が受賞

第18回四日市大学留学生日本語弁論大会にて留学生2年生が受賞

2021年12月28日

 2021年12月25日、四日市大学にて第18回四日市大学留学生日本語弁論大会が開催され、
国際地域学部2年生の黄泰卿さんが「外国人が住みやすい国-共生への道-」という演題でスピーチを発表し、
四日市北ロータリークラブ賞を受賞しました。

 「日本は住みやすい国」と感じる韓国出身の黄泰卿さんが、日本で見た多文化共生の問題点とその解決方法について
美しい日本語で堂々と論じました。

 

  • SNSでシェアする
  • SNSでシェアする

page_top

site index