menu

  • test:新型コロナウイルス感染症の拡大防止措置に伴う新規教育支援の実施について

新入学の皆様

鈴鹿大学・鈴鹿大学短期大学

学長 市 野 聖 治

新型コロナウイルス感染症の拡大防止措置に伴う新規教育支援の実施について

 

 鈴鹿大学・鈴鹿大学短期大学部(以下、本学)では、既にお知らせしたように新型コロナウイルス感染症拡大防止のために入学式を延期した後、大学構内を立入禁止とし遠隔授業による教育を5月11日(月)からスタートさせました。

 新入学の皆さんには、対面のオリエンテーションが実施できないまま郵送による資料送付、インターネットの履修登録、そして、遠隔授業への参加と戸惑いと不安もあったかと思いますが、開始から一週間を経過したところで、大学側も含めて戸惑いながらも軌道に乗ったと感じています。

 一方、国や地域においては緊急事態宣言が一部解除となりましたが、「3つの密」を避けることが続いており、通常の授業運営に戻るには難しい状況が続いています。

 このため、今しばらくは遠隔授業を継続することになりますが、限られた条件の中で、大学教育の質を低下させないよう教職員一同、務めて参りますのでご理解とご協力をお願い申し上げます。

 このような状況において、学生の皆さんは、通学時間が不要となる等、時間的余裕が生じること、遠隔授業実施のために科目の精選を行ったため履修科目が少し減少する場合が想定されることから、これらを補完するために通信制大学との協力により,新入学者へ「通信教育による学修」の機会を提供することで将来に向けた学びの充実を図ります。

 これは、本学のカリキュラムとは別に、国際化が進む社会で活躍するために必要となる「英語」の学びを充実させるために用意したもので,長い通信教育の実績による充実した教育内容が用意されていることから皆さんに満足していただけるものと確信しています。

 詳細は追ってE-mailにより連絡しますが、この通信教育科目は、本学のカリキュラムとは異なるため、仮に単位修得に至らなくても卒業への影響はありません。一方,各自の学修状況によっては学則に基づく「他の大学で学んだ科目」として単位認定することが可能です。

 このため、まずは、本学が用意した科目をしっかり学び、その上で、将来に向けて自分を向上させるための学びの機会として取り組んでいただければと考えています。

 本学では、学生の皆さんに、様々な形で大学生としての「自ら学ぶ力」を身に付けられるよう取り組んでいますのでご理解とご協力をお願いします。

 

【本件担当】

教務・学生支援課

Tel:059-372-3921

E-mail:kyomu@suzuka.ac.jp

  • SNSでシェアする
  • SNSでシェアする

page_top

site index