menu

こども教育学部 こども教育学科

学科紹介

こども教育学部こども教育学科は、幼児教育学専攻と養護教育学専攻の2つの専攻から構成されます。

創立50周年を経過した鈴鹿大学短期大学部での保育士・幼稚園教諭、養護教諭養成の実績を土台とし、2017(平成29)年4月、鈴鹿大学こども教育学部として新たなスタートを切りました。2019(平成31)年3月、佛教大学と小学校教諭免許状課程履修に関する協定を締結し、同大学の特別科目等履修生になることで小学校教諭1種免許状取得が可能になりました。2020(令和2)年3月、小学校教諭1種免許状取得課程を申請しました。それに伴い、専攻名が「こども教育学専攻」に変更予定です。

幼児教育学専攻(「こども教育学専攻」に名称変更予定)

こどものこころに寄り添い、保護者とともに育ちを支える

 

幼児教育・保育のプロフェッショナルを目指します。

【取得可能な資格・免許】
幼稚園教諭1種免許状/保育士資格/放課後児童指導員資格/社会福祉主事任用資格/レクリエーション・インストラクター/ピアヘルパー/小学校教諭1種免許状(佛教大学通信教育課程併修)

 

幼児教育学専攻

養護教育学専攻

こどもたちのこころとからだの健康を理解し支える

 

確かな知識と技術、そしてあたたかさを持つ養護教諭を目指します。

【取得可能な資格・免許】
養護教諭1種免許状/中学校・高等学校教諭1種免許状(保健)/放課後児童指導員資格/社会福祉主事任用資格/レクリエーション・インストラクター/ピアヘルパー/小学校教諭1種免許状(佛教大学通信教育課程併修)

 

 
養護教育学専攻

施設・設備

実践的な学びを極める “こども教育学部の専用校舎”

保育士・幼稚園教諭、養護教諭はともに知識だけでなく、技術力・実践力が求められます。鈴鹿大学こども教育学部には、教育現場で必要とされる力が身に付く、こども教育学部に特化した設備があります。

学校の保健室のような模擬保健室、幼稚園・保育園の保育室のようなプレイルームのほか、アクティブラーニングに対応した講義室もあります。プレイルームでは子育て支援活動を開催し、地域の子どもと保護者の方が集う場にもなっています。

模擬保健室 アクティブラーニング型講義室 プレイルーム

最新の機材で充実した実習室

看護実習室には、全国の養護教諭養成系の⼤学で初の導入となる血圧や心音、脈が測定できる「高機能シミュレーター」を2台設置しました。他にも学校看護に関わる最新機器類を数多く揃え、充実した教育環境で看護力のある養護教諭を目指します。

音楽室

音楽室は、幼児教育のICT化に対応するため、電子楽器やプロジェクターなどの設備が充実しています。また、防音対応の練習ボックスを新設し、いつでも快適にピアノの個人練習をすることができます。

入試情報・イベント情報

入試情報

入試情報については、受験生応援サイトをご覧ください。

2021年度入試の詳細については6月中旬以降の公開を予定しております。

受験生応援サイト

イベント情報

オープンキャンパス・イベント

こども教育学部 Instagram

キャンパスライフ、イベント、クラブ活動などを伝える写真を、こども教育学部生がインスタグラムに掲載していきます。

@suzukaedu
@suzukaedu

 
 
 

こども教育学だより アーカイブ

大変ご好評頂いております、「こども教育学だより」の過去発行分を

こちらよりご覧頂くことができます。是非ご覧ください。

こども教育学部の学生の活動

  

こども教育学部の学生中心に「こどもボランティア部」をつくり、

地域貢献や地域交流の活動を積極的に行っています。

こども教育学部や入試に関する情報は、下記をご参照ください。

 

 

鈴鹿大学・鈴鹿大学短期大学部 受験生応援サイト

鈴鹿大学 大学案内(電子版)※2021年度版準備中

こども教育学部 2020年度学生募集要項(電子版) ※2021年度版準備中

  • SNSでシェアする
  • SNSでシェアする

page_top

site index