menu

教員紹介

川俣 理恵

名前 川俣 理恵
職名 こども教育学部 准教授
最終学歴 早稲田大学大学院教育学研究科博士後期課程単位取得退学
学位 修士(教育学)
主な担当科目 こども学概論、保育の心理学、こどもと保育カウンセリング、教育相談の理論と方法、障がい児の支援 他
専門分野 発達心理学、学校心理学、教育相談、特別支援教育
研究テーマ 児童生徒の学校適応を促進するための援助、特別な配慮を要する児童生徒への援助 他
研究業績(著書、論文等)
    【著書】

  • 『学校現場で役立つ教育相談―—教師をめざす人のために』北大路書房、2020年、共著
  •  

  • 『教育相談の理論と実際――よりよい教育実践をめざして―改訂版』図書文化社、2019年、共著
  • 『セリフでわかる保護者の安心・信頼につながる対応術――先生でよかったといわれる先手のひと言』合同出版、2016年、共著
  • 【論文】

  • 中学校におけるグループ学習の実践効果検証:ソーシャルスキルの様相に着目した検討、『学校カウンセリング研究』第20巻、2020年、共著
  • 教職課程を受講する大学生の教職に対する不安の探索的検討、『教育カウンセリング研究』第10巻、2020年、共著
  • 中学校部活動顧問のやりがい感と負担感を測定する尺度の作成、『学校メンタルヘルス』第22巻、2019年、共著
  • 同僚教員による若手教員への学級集団アセスメントに基づく開発的・予防的な学級経営サポートの効果の事例、『学級経営心理学研究』第6巻、2017年、共著
  • 保育士養成校に在籍する専門学校生に対するCATSの効果検証、『カウンセリング研究』第50巻、2017年、共著
  • 高等学校におけるアスペルガー症候群の女子生徒に対する学校適応支援、『早稲田大学大学院教育学研究科紀要別冊』第22巻2号、2015年、単著
キーワード 教育相談、特別支援教育、学校適応、心理教育的援助サービス 他
メッセージ 保育も教育も、まずは目の前にいるこどもと、こどもを取り巻く環境(仲間、家族、地域など)を理解しようとすることから始まります。心理学について学ぶことで、こどもについて理解する視点が広がります。こどもたちの日々の行動や成長について、心理学の視点で理解し、対応できる力を身に付けられるよう、一緒に学んでいきましょう。

 

詳細はresearchmapをご覧ください。
  • SNSでシェアする
  • SNSでシェアする

page_top

site index