menu

  • 鈴鹿大学
  • 養護教諭を目指す男子学生を応援します その2 「先輩への質問」

養護教諭を目指す男子学生を応援します その2 「先輩への質問」

2021年02月01日

【勉強と女子学生】

川又――せっかくの機会なので先輩たちに何か質問してはいかがですか?


 


Aさん――大学の勉強って、教職科目もあれば、看護などの専門科目、社会学などの基礎教育科目と広範囲にわたるので


     苦労しています。良い勉強法など教えていただけませんか?


 


Cさん――自分はわりとコツコツ型で、一つひとつ細かく繰り返し、書いたり読んだりして、


     できるだけ短期間に覚えるようにしているかな。


     あと、難しい単語なんかは、何かと関連させるようにして印象付けて覚えやすいようにしているかな。


 


Dさん――自分は1,2年の頃は、部活動(野球部)に明け暮れていたので、普段はあまり勉強時間をとれず、


     試験直前に詰め込んだパターンもあったなぁ。そこは参考にしない方がいいかも・・。


     ただ、やるときは全集中で、頑張ったよ。


【先輩からの様々なアドバイス】


 


Bさん――女子学生が多い専攻ですが、先輩は何か配慮されていたことありますか? 


     自分は高校が男子校だったこともあり、まだ、戸惑う感じもあるんです。


 


Cさん――大学は高校までと違って科目で受講生が変わるから、まだ1,2年では男女の違いは感じなかったかな。


     また、自分のキャラクターとかわかってくれるようになると、普通の友達のような扱いで過ごせていると思う。


 


Dさん――自分も同じ目標を持つ仲間として見てくれていたかな。看護学などで先生が2人一組でする場合、


     自分とペア組んでくださったり、教員側で配慮していただいたのがありがたかったな。


 


Aさん――後期になって話しかけてくれる同級生もいて、過ごしやすくなってきたと感じています。


 


Dさん――初対面状態だとグループ活動もスムーズにいかないけど、人間関係が深くなっていくと、


     授業のワークなどもしやすくなるよね。


 


・・つづく。 

  • SNSでシェアする
  • SNSでシェアする

page_top

site index