鈴鹿大学・鈴鹿大学短期大学部

HOME > 大学からのお知らせ > お知らせ > 鈴鹿大学短期大学部の学生募集停止について

大学からのお知らせ

2023年12月01日

鈴鹿大学短期大学部の学生募集停止について

日頃より学校法人享栄学園、鈴鹿大学短期大学部へのご理解、ご協力を賜り、厚く御礼申し上げます。

このたび、学校法人享栄学園は、令和5年11月22日開催の理事会において、鈴鹿大学短期大学部の学生募集を、令和6年度募集(令和5年度中に実施される令和6年4月入学生対象の入学試験)を最後に、令和7年度以降停止することを決定いたしました。

鈴鹿大学短期大学部は、建学の精神である「誠実で信頼される人に」に基づき、「あてになる人物になろう」「働くことの喜びを知ろう」「全力をふるって事にあたる体験をもとう」「感謝の気持ちと畏敬の念をもとう」「正しく日本を愛し、国際的な視野を広げる人になろう」を目標として、昭和41年4月に鈴鹿短期大学として開学し、以来57年、高等教育機関として豊かな教養と専門的知識・技能をもった人材の養成と、地域社会の文化と産業の発展に寄与する多くの優秀な人材を輩出し、各方面で大いに活躍しています。

しかしながら、開校当時と比べ現代社会は、高度な専門性が要求され、2年制の短期大学よりも4年制の大学へと高学歴化が社会的に求められています。今後の本学のあり方について享栄学園内で様々な議論を重ね、この地域における現代的な人材育成のあり方について検討を重ねて参りましたが、最終的に今回の結論にいたりました。

令和6年度入学生を含む全ての在学生に対する教育、進路支援などにつきましては、これまでと同様に万全を期し、臨んで参ります。また、卒業後の証明書発行等の手続き、鈴友会(同窓会)の活動についても、支障のない支援体制を整えて参ります。

在学生、卒業生、ご父母・保証人、本学を目指す受験生、本学の教育にご理解を示してくださっていた高等学校、そして本学を支えてくださった地域の方々等、関係者の皆様方へ果たすべき責任を考えると大変心苦しく断腸の思いでありますが、令和7年度以降の学生募集停止に至りました事情をご賢察いただき、今回の決定につきまして何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

今後、本法人は、国際地域学部とこども教育学部の2学部を設置する鈴鹿大学を中心に社会の多様な教育ニーズに対応するべく教育改革を進めるとともに、さらに教育・教育研究の充実を図って参ります。

 令和5年12月1日

                              学校法人 享栄学園
理事長 箕輪田 晃
鈴鹿大学短期大学部
学長   長澤 貴

一覧へ

PAGE TOP